FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
うう、テスト前だというのにパソコンを立ち上げて、さらに日記をカキコしてる自分が悲しい。勉強しろよ!
スポンサーサイト
テストって嫌やね。
さらに受験生たる我が身ぞ憂き。
でも、せっかく全国に行けるんや、気合でファイト!
今日は東海地区の予選があったみたい。
あたしは都合により観戦に行けへんかったのですが…家でずっと応援してました。もうハラハラしっぱなし。東海支部のホームページを見るたびヒヤヒヤ。
でも、あたしがちょっとヒイキしてる学校がみんな全国に来ることに!めっちゃ嬉しいのなんの!M高校のNさん、N高校のOさん、千葉プリンスで逢いましょうねっ!
そして、全国大会を通じて、もっともっといっぱいの人と知り合って、仲良くなりたいな★
 高校生が避けて通れないもの、それは定期テスト(膳所では定期考査という)であります。
 全国に行こうと何をしようと、テスト1週間前というのはリサーチすらろくにできないのであります。(とかいいながら日記書いてるし^^;)
 よって、弁論班は特に目立った活動をできないのであります。
以上、おわり。
 今日は全国中学・高校ディベート選手権の近畿地方予選が、京都教育大学で行われました。地方予選としては、近畿が全国の中で1番速かったようで。
 膳所は亜帝音さんの言うよう(↓参照)、近畿1位で全国への切符を獲得しました。去年は3位で惜しくも全国を逃したから、喜びはひとしおです。
 でも喜んでばかりではいられません。2週間後には期末テストもあるし、何より、全国に通じるディベーターになるためにもっと修行しなければいけません。特に、否定側1反と肯定側2反を担当している誰かさんは。いやいや、断じてふぁるこんではありませんよ。
 こうして膳所高が近畿予選を突破できたのは、私たちの力だけではありませんでした。顧問の先生、練習試合をしてくれた立命館宇治高校・三重高校のディベート部の皆さんのお陰であります。この場を借りて。
ありがとうございました。
近畿大会優勝!
全国大会出場!
うれしいぃぃぃぃぃ★
やったー!
 いよいよ明日となりました。近畿大会です。
 今日は立論の最終手直しをやりました。
 肯定側立論はメリット××××(一応機密保持のため)の発生過程を変えるという荒治療(!?)を敢行しました。否定側立論も、デメリット××××(一応機密保持のため)の発生過程の立証をつよめるなど、まだ不十分な点があると思われるものの(っていうふぁるこんはほとんど立論政策に携わってない)すばらしい立論ができました。
 去年は全国出場枠が2校だったので僅差で全国に行けませんでしたが、今年は去年と違う!全国に行くぞ!!ソイヤ!
いよいよあさってが本番ですな。
絶対悔いが残らんようにしましょうね★
きっと、大丈夫。
上手くいくって信じましょう。
そしてあとは気合です!

否定側二反。結構お役目重大です。
ファイト!自分!
週末はいよいよ近畿予選!
みんなラストスパートをかけてます。
あたしは直前になっていーぐるとパートを変わりました。肯定側第二反駁から否定側第二反駁へ…。立論も否定側から肯定側へ…。いきなりのことで戸惑ったけど、これがベストならばもうこの配置しかないでしょう。
がんばるぞ!
全国目指すぞ!
今日は個人作業=自宅作業でした。
今までに入手した資料をもう一回整理し直しました。各ジャンルごとにファイルに入れたらかなり使いやすくなった★これで試合の時とか必要な時にぱっと出せそう。
明日は班内ミニディベート(またの名を反駁特訓という)がある…。まだ反駁が不十分やし、今夜は当分寝られへん。ぐは(死)。
あと一週間で近畿地区予選。もう根性と気合でねばるしかないわっ!(少なくともあたしは。)肯定側第二反駁…今まで成功したことない幻の(?)スピーチ…。本マに心配。当日うまくいってくれないと、うちらの勝利が…。なんでこんな重大な役目かってしもたんやろ。一番ヘボいのに…。
とにかく、みんなに迷惑かからんように、そして勝利に近づくために、残された時間で集中特訓するしかないみたいです。
ディベートって疲れる。
弁論班は喋ってるだけちゃうよ、頭をフル回転させてるのよ…。喋ってるだけの集団と思われがちやけど。
反駁反駁反駁…。最近頭の中にはそればっかり。試合前は体力も精神力も限界に達するのです。そして、それを乗り越えれば道が開ける…。
立宇治との練習試合も無事(?)終わり、いよいよ近畿大会まで10日を切りました。もう、立論を磨き反駁をツメるしかないです。
しかしながら、今年は幸運☆近畿地区のディベート地区予選の募集校は8校。そのうち3校が全国に行ける訳ですが、なんと5校しか申し込んでない!つまりこのままいけば、5校中3校が全国に出られるという夢のような話です!(東海地区の人、すみません。)
こりゃぁもう全力で攻めるっきゃないようです。残りの2校には絶対になりたくないです。全国は目の前だー!!
でも、まだ反駁が不十分やし、立論の手直しも終わってません。この10日間、地獄の(?)特訓になりそうです。
みんな、今日は先に帰ってごめんなさい。。明日は試合だというに。。。ふぁるこん、エラいな。リサーチね。私は。。。土曜日は帰ってから次の日使う踊り用エプロンをチクチク縫い、寝たのは4時前。日曜は7時前に起き、山東町へ向かい、ホタルまつりにて7本踊る。(1本3~4分。4本踊るとだんだん意識が薄れる。7本目はほとんどヤケ。こんないーぐるはめったに見られない。よさこいは人を変える。)帰ってきたのは21時前。米朝さんがテレビに出ていて、タバコをぶはぁーーっと吸っていてショックを受ける(タバコ嫌い)。22時前、意識が切れる。5時前、意識が戻る。布団を用意。寝る。7時前、起きる。登校。
と、ゆーわけで、いーぐるは何もできていない。。そして試合前に休みやがる。・・・みんな、ごめん。。これからいろいろしなきゃ。
三重での試合は、ホンット勉強になりましたね。精進するぞ、ソイっ。
 昨日の反動を受け、意識が戻ったのはお昼でした。ふぁるこん史上初、15時間睡眠ι それだけ練習試合というのは疲れるのです、って言い訳(^^;)。
 今日は、練習試合で発見した論証の穴を補うための海老伝巣※を探してみました。WTOのサイトに行ったり、コーデックス委員会について新聞記事検索したり…。結局、検索の仕方が悪いのか、目新しい資料は見つからず・・。結局、収穫0の日曜日でした。もったいない。
※海老伝巣とは、「エビデンス」のことです。ふぁるこんのおバカなパソコンに「エビデンス」と入力したら、そのように出てきたわけです。
④三重高校A
うちらは否定側でした。
しかしながら、悔しいのは相手とかみ合わない議論をしてしまったこと。
トリプトファンが出てきたのですが、相手は「これが審査を通ってしまうことが
危ない」と言っているのに対し、うちらは「トリプトファンは遺伝子組み換えが
原因でない」とトリプトファンそのものに反駁してしまいました。うう…。
相手の話はしっかり聞こう。(特に亜帝音)
うちらはどうも立証が不十分すぎるらしいです。確かにWTOのところの資料が
ないのが痛手でした。あと、あたしが読むスピードは速すぎるらしいです。
わかってるんやけど…(泣)
立論を強化して、反駁を一筋の道にしなければなりません。

 さて、無事に試合は終わったのですが、これからの課題は山積みです。
 近畿大会まであと2週間ちょっと。もたもたしてられません。気合です。
 今回の試合ではうちらの基本理念「Do Your Best ~気合で闘え~」が発揮できてなかった気がします。あと基本精神(?)「雑草魂」も欠けていたように感じます。
 うちらはうちらの議論を展開しなければなりません。どんなときも「うちら」を失ってはあきません。(一番我を失っていたのはあたし…。)
 ごめんな、みんな。あたしは頼りない。
 でも、誰かが上に立って一本に統率する状態より、みんなが横に並んでお互い影響しあって成長していく今の状態の方が、もっともっとすばらしいことかもしれない。
 今日は三重高校で練習試合でした。
 相手校は強豪ばっかりで、やっぱり東海と近畿のレベルの差ってものを思い知らされました。東海の皆さんはスピーチが上手い!流暢に、抑揚を付けて話されるので説得力がありました。うちらも時間を余らせずにフルにスピーチができるようにしなければなりません。
 さて、今日は4試合したのですが、勝ち負けはさておきとても得るものが多い4試合だったと思います。その試合を簡単に振り返ってみたいと思います。

①VS四日市高校
うちらは肯定側でした。今までツメてきた立論を試してみるチャンス!ということで、
約一名を除き積極的に試合に臨みました。
しかし、相手の極端なデメリットと論理展開にビビること限りなし。「自然交配の
方が危険だぁぁ!」と押され、うちらも惑わされてしまい、何も反駁できませんでした。
後悔のかたまりです。「予防原則」と、ちょっと違う次元で攻めていくはずだった
うちらの議論が、ひたすら安全性を主張する否定側の策にはまってしまったんですね。
詳しいことは反省会で話し合ったから、ここでは言いませんが、うちらのこれからの
課題として「一筋の自分たちの議論を作る」ことが挙げられます。

②VS三重高校B
相手は初心者さんだったようです。
的確に反駁できなくて悔しかった。(めっちゃ個人的)

③岐阜高校
相手のスピーチがすごく上手くてこれまたびっくり。
うちらは否定側だったんですが、最後まで「分別できるか」の問題が残りました。
途中までは良かったんですが、ふぁるこんの意外な反駁に見方のうちらもギクリ。
あたしが考え間違いしてたのもあるかもしれないけど。
つまりはうちらはチームワークが悪いわけですね。決して仲が悪いわけではないの
ですが、これもこれからの課題です。あたしは第二反駁だから第一反駁のふぁるこんと
論理をつなげんとあかんわけですが、どうも上手くいかない。あたしとふぁるこんの
議論の方向性・考え方がどうも根本的に違うみたいです。両方を混ぜるわけには
いかないので、みんなで話し合った上、どちらかの方針に統一しなければなりません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。