FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夏が、終わる
この夏が終わる
駆け抜けていった

過ぎ去った時間を悔やんだりしない
もう戻らない瞬間を嘆いたりしない
そんな必要なんてない

綺麗なものしか残っていないから

思い出はずっと
輝きを失わない

思い出はきっと
何年経っても鮮やかなまま

…あたしは何を書いてるんだろう。
ちょっと何かに乗り移られたかな…。
いや、でも、ふざけてるわけぢゃないんですよ。本当にあたしはこんな↑気持ちなんです。振り返っても楽しいことしか出てこない、これってすごくいいことだと思います。こんな夏を過ごせたあたしは幸せです。こんな夏を一緒に過ごせた仲間がいるのは幸せです。
あの時、あの場面で、あたしはこの方向に進んでよかった。ここにたどりつける道は、きっと1本しかなかった。
満たされてる…ってきっとこんな心境を言うのでしょう。

前に進まないと。
まだ終わったわけぢゃないから。
スポンサーサイト
今日は模試でした。記述式は初めてなので最初はちょっと緊張気味でしたが、途中からはもう「へへ~ん。どうにでもなれ~」っていう感じでした。(いわゆるなげやり。)
夏休みもあとわずか。淋しいものです。でも、あたしは学校が好き★なので、新学期が嫌やとは思いませんよ!みんなの顔が見られるのは嬉しいことです。
この夏休み、あまり勉強できてへんような気がしてちょっと不安です。この不安に押しつぶされんように、なんとかがんばりたいものです。

そういや、何か知らんけど、掲示板に行けへんようになってましたね。どうしてなんでしょう?管理人、どないなってんの?
むむぅ…。なんでみんな日記書かへんにゃー!?
こうやって更新されてない日記を見てるとついつい書きたくなってしまうのが、元班長のサガなのです。

っていうか、次の班長まだ決めてへんなぁ…。某Y日市高校の日記を見させてもらったら、すでに引継ぎを済ませたらしいです。うちらもそろそろ引継ぎの時です。
ああ、思い起こせば去年の6月。ディベート甲子園に出るために集まった有志のメンバーにより、復活させられたのがこの「弁論班」でした。
以前の弁論班は「討論」を中心に活動していたらしく、ディベートは行われてなかったようです。そして班員が全員卒業してしまい、班の名前だけが残っている状態の時、うちらが現れたんですね。そして復活させた…。
以前の弁論班とは名前は同じだけど中身がちょっと違う、だからうちらは正確には「新生・膳所高校弁論班」というのです。(たぶん)
あたしが班長になったのは偶然か、必然か、運命か…。たしか部員の兼部の関係であたしに決まったんだと思うのですが、こんな頼りない班長でよくやってこれたなぁという感じです。
「班ちょー。僕モナカ~。」「私アイスの実~◎」とか言って、班員にパシリにされたのも、今ではいい思い出です。(ジャイケンで負けたあたしが悪いのですが…。)

短かったなぁ、この1年。
でも、引退してもあたしの弁論班への愛は変わりません。
これからの弁論班の活躍を願ってやみません。
…が、全然更新されてないぢゃないか。
お~い、ふぁるこん!毎日全国大会について語るんぢゃなかったのかい?

亜帝音は毎日学校の夏期補講に出ています。数学嫌や…(泣)。
まだ長く険しい道に入ってすぐのところをあたしは歩いています。
大学が彼方に見える…。霞んでいてどこの大学かまだ見えない…。
引退してはや1週間が経ちました。
受験生というものは気が重いです。今までディベートにかけてきた燃えるような熱い情熱(?)を今度はすべて受験につぎ込み、そして、受験が終わったらまた戻って来たいと思っています。
しかしながら、まだディベーター気分が完全に抜け切ってないのが現状です。
さっそうと合格して、3月の交流会に出られたらどれほど素晴らしいでしょう。某県のM高校の先輩は、受験に受かった後近畿交流会に出てはりました。超かっこいい☆☆☆憧れます。
そろそろ勉強に戻りたいと思います。
また、息抜きしに来るかも(^▽^)/
さて、予選について。
予選第1試合の相手は、四国地区の覇者徳島文理です。
初めての全国大会で、初めての試合ってこともあって、みんな緊張しまくりでした。立論(ふぁるこん)は重要性を最後まで読みきれず、1駁(いーぐる)もなにやら焦ってて、2駁(亜帝音)も同様焦ってました。唯一、質疑は否定側の議論を深く突き刺すことができたようです。
こんだけ緊張していたら議論がかみ合わないのは当然で、結果的には2-1で勝ちましたが、同時に膳所弁の問題点が露呈した試合でした。

話は変わりますが、ふぁるこんは、応答がいやらしいんです。7/28に名古屋で練習試合をしたときも、のらりくらりと痛い質問をかわし(というかごまかし)、ジャッジさんに怒られました。
ではなぜ、ふぁるこんがここまでいやらしい応答をするのか?膳所弁の肯定側立論は結構綱渡りな立論だったからです。
膳所弁の肯定側立論は全部で3種類あって、どれもこれもそれぞれ欠点を持っていました。詳しいことはまた後日ということで、それぞれの立論について、軽く欠点を挙げましょう。
①アレルギー立論:慢性的なアレルギーが発生するというものでしたが、何せ実例がなく、具体性にかける立論でした。
②ウイルス議論:ベクターが作物内のウイルスに遺伝子を水平伝達し新種の病害性ウイルスが出来る、というものですが、何せ難しい。東海地区の練習試合にお邪魔したときに使ったら、ジャッジにキレられました。
③ハイブリッド立論:①と②のハイブリッドなんですが、両方を詰め込んだせいで両方の立証が薄くなるという皮肉なものに…。
というわけで、膳所弁の肯定側立論は綱渡りだったんです。だから、きつーい質疑が来ても、のらりくらりとかわさなければいけなかったのです。
膳所が肯定で試合をした皆さん、質疑でつっぱねてゴメンナサイでしたm(__)m
まったく、4日も開けて…。日記の意味がないやんけ。

今日は、膳所高校の秘密兵器について。
秘密兵器って言うとなんかイカツイ感じがしますが、何のことはありません。ただのうちわです。
初出場だから他の学校との交流も大事にしよう ってことで、膳所弁オリジナルうちわを作って、対戦相手校の皆さんにお配りしたんです。

受注生産になりますが、地方発送承ります(嘘)。
ええっと、1日開いてしまいました。ごめんなさい。個人的な用があって、ちょっと…。

さて、プリンターの続きから行きましょう。
あの後、どうなったか。
結局印刷しなかったのか?
他の学校に頼み込んだか?
・・・

何故か、顧問の先生が触ったら直っちゃったんです。自称デジタル人間ことふぁるの面目丸つぶれ。。
何はともあれ、機嫌を直したプリンターで立論を印刷して、戦の前の腹ごなしに行きました。
人間、熱いと食欲がなくなるものです。ふぁるこんは冷麦を食べました。その店はちょっと個性的で、名前は忘れましたが「うどんナポリタン」みたいなのがありました。しかも、それを頼むし。うちの顧問の先生は…。先生曰く、「トマトジュースをかけたうどん?」だったそうです。来年は後輩に食べさせよう と思ったふぁるこんでした(ふぁるこんは現在2年生)。

さて、うどんナポリタンの先生(先生、ごめんなさい!)のご配慮で、うちらはタクシーで神田外語大まで行きました。その後も、一度たりと歩いきませんでした。全く、近頃の若いモンは!とか言われそうですな。

さて、次は春の交流試合で1度あたった徳島の徳島文理と、初めてあたる岡山白陵との予選リーグです。「ふぁるこんの駄文にあきれてもう見ない!」とか言わず、最後まで見てくださいね。
今日から(できたら)毎日、全国大会のことについて日記したいと思います。

 膳所弁が幕張に到着したのは3日の午前7時頃。「あんたら何できたんだ?」って疑問がわくかも知れませんが、そこは聞いてやらないで下さい。
 とりあえず、朝っぱらから開いていたロッテリアで朝食。馬鹿でかい荷物をぶら下げた高校生5人+大人2人。奇妙な光景には見えたでしょう。多分。
 エネルギーを補給した後、プリンスへ荷物を預けに。幕張メッセで恐竜博があった(http://www.dino-expo.jp/)こともあって、何やら道は込んでおりました。
 時間がたっぷりあるので立論の手直しでもしようと、ロビーでノーパソ2台とプリンター1台を出し、勝手に電源を使ってカタカタ…。ロビーでパソコン打ってる高校生、さぞかしITな高校生に見えたでしょう。
 んが、突如トラブル発生。プリンターが、インクを出してくれないのです。ドライバを再インストールしても、何をしても駄目。全く、ここって言うときに!このプリンタはちょっとしたもので。話せば長くなるんですが、ひとことで言うなら本体はたった980円の中古ものなんです。
こんなときに中古の不備が出てきたのか。。無念じゃ。

次回に続く
やったるでー!
アチョー!とわたたたたたたたたたたたたたたたた!!1
いよいよ明日が全国大会だわ~★
ぴぐれっとー、もとい、いーよーいよ全国かぁ。奮っ(←気合い)
なんだか濁った水に飛び込むようで、まだまだイメトレが足りません。本番は落ち着いてスピーチできるといいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。