FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は高砂からわざわざ白稜高校の皆さんが来てくださって、試合をしました。ジャッジはなななんと、近畿支部長の梅本先生です。
朝に集まって、膳所で多分1,2を争うきれいな部屋(ヒビ無し、ニオイ無し、床軋み無し)「会議室」で準備をします。
最近弁論班では体調不良者がゾクゾク出まして、もぅ、班としてヤバいです。みんな、弁論班は体力勝負、夜更かし&風邪に負けない強い体を作りましょう。

さて、10時ごろ白稜さんの到着です。近畿大会以来の、懐かしい顔ぶれ。んー、若い。なにやら真剣に作戦会議をなさってました、引率の先生のお話によると、自分の意見をしっかりもったディベーターがチーム内でぶつかり合って、ケンカになることしばしば。だそうで。すごいですね、まぁ、ケンカといっても、もちろん機論のぶつかり合い、討論なのでしょう!!膳所の皆さん、白稜はすごいですね、ぜひ見習いましょう。(真剣)
How deep we thinkが勝負の最後の決め手だと、思います。

試合開始、1試合目は白稜肯定、膳所否定です。
驚きのメリット(というか重要性)でした。少し焦りましたね、でも、焦っただけです。白稜さんは若手で強くて未来があって、そういうチームが全国に出られることになって、私はディベーターとして嬉しいのです。だから、正統派で、多くの人がそのとおりだと頷けるような議論をしてほしいと思うのです。(エラそー)
これは、膳所についても同じです、みんな有望な若手です。第二反駁の取り合いです。よく考えていて、言いたいことは心の中にいつも持っているムッちゃん(最近はエオロパ?)、仕事速くてやる気に燃えてるキャロライン、
スポンサーサイト
若狭高校はほんまに綺麗でした・・・。あれで公立!?校舎変えましょうよー(笑)
きょうのうちはほんまどうしようもなかったですね…ハイ。
車内でも言っていましたが、まず落ち着けって感じですよね…慌てすぎだよ(怒)
しかもこれまでの試合でジャッジの存在考えた事あったか!?て話ですな…
でも、実は今でもどうジャッジに語りかけたらいいんか判らないんです…
ダメ×2ですね。ハイ。
明日中にどうにかしたいです。(出来るかーー!!)
あと、立論ですが…今日の先生のお話とかを基にして出来る限りやってみます。
今日は先生にお世話になりまくりました★本当にありがとうございました。
こんま素晴らしい顧問で弁論班は幸せです☆★☆
あと、◎もちょ先輩、乗せませんよ☆(笑)
この場で言っておくけれど。
とっても大事なことがあります。◎もちょが3年になってから、第2時成長期を迎えて、強くなった(はず)の、きっかけの出来事があったのですが、みんなは知っておくとかなり有益だと思うので、(前にも言ったけど)ここに書いておきます。

それは、自分の意見をはっきりさせることです。自分は安楽死についてどう思うのか、あの問題はどう扱うべきなのか。もっと細かく言うと、インフォームド・コンセントは徹底すべきか、例の麻酔は使ってもいいのか、などなど・・・。
自分の意見をですね、必死に真剣に考えて、頭の中に置いとくだけじゃなくて、書き出して、「自分はこう思うぞペーパー」を作ってみると、反駁に自信が持てるようになるかもです☆
ちなみに、私の「こう思うぞ」は、否定側哲学、あれです。言葉はへたくそだけど、あれは私の頭で考えた、私の思想です。やっぱり自分で考えることが大切です。日々頭を動かしておけば、急に出された論に戸惑うことも少なくなります。
頭を動かすトレーニングとして、「こう思うぞペーパー」を、ぜひ作ってみてください。
文献の知識をつなげて立論を作るのは簡単です。でも、今回はそれでは弱いのです。立論を作っている人ですら、考えが浅くなりがちです。まして反駁だけ考えていては、芯のあるスピーチができません。立論作りは責任が重くって、資料調べるのも大変だから、メモでいい、とにかく自分の思いをつづってみてください。そしてできれば、立論(の哲学)として提示してください。

これまでに私は、「なぜなら式反駁法」「論理問題反駁法(多分)」というのを考えましたが、今は「だに反駁法(ってか、”だに”とは関係ない)」を考えています。
うまくいったら紹介しましょう。
少し休憩をはさんで、次は否定側。立論は◎もちょ、質疑くず、1反バンチョ、2反は風邪でダウンのむっちゃんの代わりに◎もちょです。
立論・・・途中で焦りましたね。それで時間余らしたけど、最後に内容をまとめてみたつもりです。なんか口調が2反のときと変わらん・・・。
質疑。まぁ、あんな感じでたたみかけるように聞かれると、相手もアワワですよ。この調子で、ただしジャッジの存在をいつも忘れないでください。目的は、相手をアワワにすることではなく(してもいいけど)、ジャッジをフムフムにすることだからねぇ。
1反。んー、M1、発生過程2のBの話なんかはホントにホントによく出てくる(毎回出てるだろう)から、もっと対策をしておくべきでしたね。M1、発生過程アの話は、とってもわかりやすかったです。あとは、個々の反駁を終えたら、どうして自分たちの議論がそんなに大切なのか、そこでジャッジに語りかけるべきでしょう。そのへんは私もよくわかんないけど、最終的にM,DMがどれくらい残ったかとか、大きさを比べるのは2反がやります、多分。
2反。・・・やっぱりごめんなさい。前日いなかったせいか、もちろんそれまでの準備段階でも、連携ができてませんね。対白稜戦は、そこに気をつけたいと思います。いいスピーチはできませんでした。んー、全体的にあっさりしすぎというか、わかりにくかったし、ジャッジの説得という目的を忘れがちでしたね。
あと、今日のビデオ写りは最悪だと思います。

さてさて、これで試合は終了。両校の先生のありがたい話を聞き、若狭のみなさんと話したり、予選リーグで出会わないといいですねと言い合ったりして、若狭高校を出ました。みなさんが玄関まで送ってくださいました。
若狭高校のみなさん、ありがとうございました。全国ではフントーしましょう。

それから先生、今回もごちそうさまでした。とってもおいしかったです。なんか頭がモヤっとしてて、お礼も言いませんで、失礼しました…(◎もちょったらこのカスっ)
しかも遠いところまで、休みの日に、本当にありがとうございました。明日から、山も楽しんできてください、そして今年はTDLで、「私と」ジェットコースターに乗りましょう。
イヤーーっ、こわーい、せんせーーぇっっ♪♪(妄)
今日は若狭で練習試合です。西大津集合でしたが、むっちゃん(睦月ちゃんのことです。最近は、エオロパ・・・ですかね)が来ない。けっこう待ったけど、来ないようで連絡も無いので心配しつつ一路若狭へ。
すっげ田舎を通って着いた若狭高校。床はミシミシいわないし、ひび割れも雨漏りも無く、トイレの流れもスムーズで、鳩もネズミも住んでいなさそうな、きれいな学校でした。(きれいの基準が・・・)

迎えてくださった女の子を見て若さのイメージ一新。
そして、試合会場となった部屋に行って、
若狭高校のイメージ崩壊。若狭高校のイメージ崩壊です。
若ぇ女の子がたくさん!(キモい言い方するなよ)
とりあえず、1年を中心としてまじめそうディベーターが総勢11名くらい。そして若そうな先生。さすが若狭。若さで固めてますな。

注目の第一試合は、膳所が肯定側。立論キャロライン、質疑バンチョ、1反ぺった、二反が◎もちょです。
立論はぺった立論3です。キャロはいつもどおり、きれいでした。聞きやすくてグッド。ジャッジの顔色をうかがって、どこを取られたか、どこが納得されていないか読み取ることができればバッチリです。
質疑は。いいんですけど。よくわからなくはないところで、反駁につながらない点は、どんなに謎でも聞かなくていいと思う。今回そんな点があったかしら、うーん・・・(考)。
一反ぺった。今回のパーキンソン・・・もとい、キーパーソンですね。ブリーフ書きのときに、本番で使うことを想定して、これで誰もが納得できるだろうという論理構築でブリーフを書いてください。予想外の論点は、よく出ます。それで反駁できなくなるのは、よくないです。よくよく考えて。穴の無い議論なんて存在しないし、そこまで意地悪なデメリットでもなかったので、きっとできたはず。あきらめずに考えること。全国の相手は強いですよ。
2反◎もちょ。・・・まず、皆さんごめんなさい。前日に行けなくて。今日はちょっと頭がモヤってたかもしれません。たいしたスピーチもできず、1反の手伝いもかなり怠ってしまったようです。ぺった君、次はナイスコンビで絶妙反駁を目指そう。
よさこい見れませんでした・・・もう最悪(-m-)
また見せてください・・・
最近全然部活きちんと行ってなくてすいません…
ぺったくんの言うとおりッス…しかもぺったくんはクラスも頑張ってたし;
あたしとか疲れ果てて帰ったらパタリばっかし…←ババア
今日はもうやらんと…今からやります…
明日は体育祭か…もう体が持たない~~~ッ。
鍛えよっかな…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。