FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夏休みも残すところ10日を切りました。
受験生はこれからががんばり時です。
2年生・1年生は今頃宿題に追われているのかな??
久しぶりに来てみたけど、日記が更新されてない…。
みんなどうしてるのかな?

この1ヶ月はあっという間でした。
「今年こそ合格!」
そう胸に決めてはりきって受験生の夏をスタートさせたものの…。
この1ヶ月はなかなかえげつないものでした。
というのは…
①全国大会について行けなかった。
→本当は観戦に行きたかったのに、模試で行けなくて涙を呑んだ。
②クーラー病にかかった。
→駿台の冷房が効きすぎてて、身体の感覚が麻痺。
 持病の頭痛もひどくなり、風邪をひいた(泣)。
③花火大会に行けなかった。
→あたしは大の花火好き。
 浴衣を着て花火を見ながらロマンチックな気分に浸るのが、
 すっごくすっごく好き★(ほんの少し妄想癖あり)
 が、講習会と日程がかぶってたためハンカチを噛んだ。
 誘ってくれたみなさん、ごめんなさい。
…ってなことがあったのです。

嗚呼、受験生って辛い!!
来年こそは絶対、
①千葉にディベートを観戦しに行く。
②いっぱい寝る。
③イベント制覇!
をしたいです。
①を達成するためには班員のみんなにがんばってもらわないとね♪
スポンサーサイト
今日はいつものように駿台の自習室で勉強していたのですが、
近くに座っているカップルのヒソヒソ話やくすくす笑いがあまりにもひどく、
集中できないのでしゃーないし諦めて帰りました。
その帰りに久しぶりに膳所高に行きました。
みんなが今日の朝帰ってきて、午後から反省会をすると聞いていたからです。
あたしは久しぶりに懐かしい母校に向かいました。
京阪の駅で1円を拾いました。生まれて初めてネコババしました。

最初に校門をくぐったところで睦月っちゃんに会いました。
彼女は校庭を横切って校舎に向かっている(本当はしてはいけない)ところでした。
久しぶりに見る睦月っちゃんは全然変わっていませんでした。
いつも通りの活動場所に入ると、大会明けで疲れている様子のみんなが…。
ぺった君はたれぺった君になっていました(笑)。
久しぶりの逢瀬の喜びをかみしめ(?)つつ、大会の様子を少しだけ聞かせてもらいました。
結果など、詳しいことはまた後輩がここに書くと思います。
あたしにはお疲れ様と言うことしかできなかったけど、
みんなは本当にがんばったと思います。
みんなにとってこの全国大会は思い出深いものになったんじゃないかな?
これからもますます弁論班が栄えるよう、願ってやみません。

今日一番嬉しかったのは、みんなと先生がディズニーランドのおみやげをくれたことと、
みんなが立論風レターを書いてくれたこと◎
立論形式のレターにはありがたいことがいっぱい書いていました。
あたしは偉大ではないし、誰かの目標になれるほど優れた人間でもない。
それでも、みんなはあたしのことを良い風に思ってくれてるみたいで、
なんか、すっごく嬉しかった。
すごく、すごく嬉しかった!
忘れられてるわけでも、置いていかれてるわけでもないのかな…。
そう思うと、前から自分の中にあった喪失感が消えたような気がした。
単純なあたし…(汗)。
やっぱりここはあたしの故郷です。
みんな大好き★

これからはバンチョ(元fal)と◎もちょ(元いーぐる)と共に受験勉強です。
来年、みんなそろって合格することが、あたしの近い将来の夢です。
辛くても、あたしは負けません。
あたしの魂は、身体から乖離してみんなのところに行ってる…。
みんなの様子が、目に見えるよう。
肌を刺すような日差し。
長い長いエスカレーター。
ホテルのロビー。
会場の熱気と緊張感。
クーラーのきいた部屋。
散らばった資料。
試合開始前の鼓動。
何もかもが新鮮で、そして懐かしい。
かつての自分の姿が重なって切なくなる。
喪失感を取り除けるのは自分しかいないのに。

今日はみんなは全国大会に行きました。
あたしは全国模試のため、浪人生のため、お留守番です。
すごく、すごく淋しいです。
もう戻らない瞬間を求めても、何にもならないのに…。
大好きでした、この場所が本当に。ここは本当に心落ち着く場所でした。
あたしは、卒業しても口出ししてくるうるさい先輩かもしれない。
でも、許してほしいです。
あたしの精神はまだ卒業できてないのです。
大学生でも高校生でもないこんな状況に置かれているから、
だからかつての居場所が懐かしく、恋しく思えるのだと思います。
ちゃんと大学に入って、新しい居場所を見つけたら、
本当の意味で卒業できるのではないでしょうか。
そして卒業してからも、あたしは、何らかの形で関わっていきたい。

もう戻れない瞬間を求めても、何にもならないのに…。
そんなことに喪失感持ってても、どうしようもないでしょう?
だからあたしは前に進むしかないのです。
淋しくて泣いてしまうことがあっても、それでもあたしは前に進むしかないのです。
そして、たまに振り返っては、また前に歩き出すのです。
とうとう前日となりました。
ですが、膳所高校はお金がないさびしい貧乏校ですので。。。
膳所弁論班は夜行バスでえっちらほっちら長い夜の旅を満喫します。
っちゅうことはですよ、膳所は今日から本番になってまうんですよ。
御得か損かはわからんが、とにかく頑張りたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。