FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日、冬季大会が終わりました。一応、これで、代理出産の論題でディベートをするのは、終わりです。

さて、そんな冬季大会の結果ですが、入賞ならずでした。高校の部門は5チームが出場していて、予選3試合の結果、そのうち、上位2位が決勝へ進出できるという形でした。

で、予選が3試合終わり、上位2チーム決定。とすんなりいけばよかったのですが、1位は確定していたのですが、2位が膳所高校と、創価高校が同率2位で並んでしまいました。

そして、教室ディベートのルールに則り、その勝敗はじゃんけんで決定です。

確立2分の1。

さて、結果は、どうなったか。見事に、負けました。反駁の練習はしていたのですが、じゃんけんの練習はしていませんでした。想定の範囲外です。今度からは、じゃんけんの練習もしておかないと^^;

で、結果は、どうあれ、今回の試合ですが、とても楽しかったです。特に、僕としては、始めて、価値論題でディベートを行ったので、今までになく新鮮で勉強になりました。

そして、このような、すばらしい大会を企画してくださった、ディベート連盟の皆さん、また、大会に参加してくださった各校の皆さん、そして、膳所高校の教職員の方々、ありがとうございました。

さて、話が変わりますが、今回は、滋賀大学教育学部附属中学校の方々が2名見学に来てくださりました。

膳所高校には数多くの中学校から人が来ますが、滋賀大学教育学部附属中学校と言えば、膳所高校にとっては特別な存在です。

なぜなら、膳所高校の1学年の人数は440人ですが、そのなかでも、附属中学校の生徒が占める割合が多いからです。

例えば、今年の1年生に限っては、40人近くは附属中学校の生徒です。平均して、1クラス3から4人の附属の生徒がいます。

そして、なにより、膳所高校弁論班にとって附属中学校はさらに特別な存在です。なぜなら、膳所高校弁論班の班員のほとんどが附属生だからです。割合で言えば、50%を優に超えます。

さて、そんな附属中学校の生徒さんが、今日、見学に来てくださりました。僕らとしては、とってもうれしかったです。

そして、また、驚きの連続でした。総合学習で少しかじっただけというのに、フローシートもはじめからよくとれていて驚きでした。いやぁ、有望です。是非とも、膳所高校へ入学して、弁論班へ。

ちなみに、今日、お話を聞いていたら、今度の春の試合はでてくださるかもしれないとのことです!

また、ディベートをする学校がひとつ増えます。とても、うれしいです。

さて、今回の試合、僕らとしては、結果も芳しいものでなく、試合として不足していることは数多くありました。ですが、その裏で、今回の試合で、学べて、是非とも今度の試合ではこうしたい、こう改善したいというところが数多く発見できました。
そして、次の試合では参加校が今回に比べて1校増えてくるかも知れない。
次の論題が何になるかも分かりませんが、次の試合が今から楽しみです。

それでは、最後に、Merry Christmas!

といっても、僕は、ひとりきりのクリスマスですが・・・。

きっと君は来ない
ひとりきりのクリスマス・イブ

山下達郎 - クリスマスイヴ

せめて、来年はLast Christmasになりたいですね。

Last christmas
I gave you my heart
But the very next day you gave it away
This year
To save me from tears
I'll give it to someone special

Last Christmas - Wham!

にしても、どうしてクリスマスの曲って、こんなに寂しいものが多いのでしょうか(T.T)

Written by Y.A
スポンサーサイト
2005.12.23 23:22 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |
つい1週間前の日曜日、練習試合がありました。なんだかんだ言って、練習試合から、もう1週間です。そして、次の冬季大会まで、1週間を切りました。

さて、そんな中、練習試合を振り返ってみたいと思います。

練習試合では3試合ありました。で、3試合とも、負けました。

まず、1試合目は肯定側でした。2試合目は否定側。3試合目は肯定側でした。

全体として、議論がほとんど練れていなく、肯定・否定、それぞれ、自分たちがどうやって勝つのかを班員が共有できていなかったことが大きく結果に表れたのだと思っています。

議論が、共有できていなかったため、立論-質疑-一反-二反と連動した議論が行えず、放置してしまう議論があったりしたのだと思います。

また、自分たちの議論を深く掘り下げられていなかったために、議論が浅かったところもあります。事実、1回目の肯定側の試合では、「幸せ」に対する肯定側の議論の浅さ故に負けてしまいました。

肯定側と否定側の述べる「幸せ」の時期は違うのに、肯定側はそれを、同時期と見て、つまり、時間軸を無視して、議論を進めてしまったため、適切に議論が行われなかったのです。

もちろん、期末テストが終わって2・3日後の練習試合で準備する時間が無かったというのもありますが、立論が試合の前日や当日にできるのはいかがなものかと思いました。

今度の冬季大会こそは、練りに練って試合に挑みたいと思います。

どんな反駁・議論が来ても、「想定の範囲内です。」って言えるように!

反駁バッチコーイ!(HG)

Written by Y.A
2005.12.18 23:44 | 試合 | トラックバック(-) | コメント(1) |
今日、期末テストも終わり、今日から活動を始めました。そうですね。2から3週間ぶりでしょうか。久しぶりの活動です。

さて、のんきなことはいってられません。実は、次の日曜日に練習試合があります(゚ o゚;)

まだ、立論すらできてないのに、です・・・。とても、芳しくない状況なのです。

今日の活動は、何はなくとも比較が決まらないと、立論すら書けないので、そこを決めて、立論の大まかな部分も決めました。

明日から、文書化です。

弁論班に残された時間 : 72時間
2005.12.07 22:46 | 平常活動 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。