FC2ブログ
つい1週間前の日曜日、練習試合がありました。なんだかんだ言って、練習試合から、もう1週間です。そして、次の冬季大会まで、1週間を切りました。

さて、そんな中、練習試合を振り返ってみたいと思います。

練習試合では3試合ありました。で、3試合とも、負けました。

まず、1試合目は肯定側でした。2試合目は否定側。3試合目は肯定側でした。

全体として、議論がほとんど練れていなく、肯定・否定、それぞれ、自分たちがどうやって勝つのかを班員が共有できていなかったことが大きく結果に表れたのだと思っています。

議論が、共有できていなかったため、立論-質疑-一反-二反と連動した議論が行えず、放置してしまう議論があったりしたのだと思います。

また、自分たちの議論を深く掘り下げられていなかったために、議論が浅かったところもあります。事実、1回目の肯定側の試合では、「幸せ」に対する肯定側の議論の浅さ故に負けてしまいました。

肯定側と否定側の述べる「幸せ」の時期は違うのに、肯定側はそれを、同時期と見て、つまり、時間軸を無視して、議論を進めてしまったため、適切に議論が行われなかったのです。

もちろん、期末テストが終わって2・3日後の練習試合で準備する時間が無かったというのもありますが、立論が試合の前日や当日にできるのはいかがなものかと思いました。

今度の冬季大会こそは、練りに練って試合に挑みたいと思います。

どんな反駁・議論が来ても、「想定の範囲内です。」って言えるように!

反駁バッチコーイ!(HG)

Written by Y.A
スポンサーサイト



2005.12.18 23:44 | 試合 | トラックバック(-) | コメント(1) |