FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ども~フジケーで~す!!
日記は久しぶりな気がします。
張り切っていきたいと思います。

突然ですが、自動販売機のコインの投入口は横向きで、電車の切符の販売機のコインの投入口は縦向きですよね?あれ、なんでか知ってますか?
自動販売機は奥行きを狭くするため、コインを下に落とすんだそうです。そのためコインの投入口は横向きなんですね。切符の販売機は横幅を狭くするために、コインを奥に落とすんだそうです。だから投入口が縦向きなんですね~知ってました?最近知りました。世の中ちゃんと考えられて作られてるんだな~と思いました。

しかし、一年生が一人ってのはどうなんでしょうね?僕たちのときは十人もいたので班内試合もたくさんできましたが。一人じゃどうしようもないね・・・・・・・・まあ頑張って引き込むしかないかな?だれか入ってきてくれ~

現在、英語Ⅱの予習が意味わからんのです。まず、ジャワハルラル・ネルーって誰じゃい?文章の内容も抽象的でわけわからん・・・あんたは娘に何が言いたいんだ!!わかる人にしかわからない愚痴でした。

今日は書きたいことをただ並べてみました。つながりが全くありません。つくづく俺って文章へただな~と思います。立論書いてても文章が幼稚なんだよね~弁論班の部員としては最悪です。まあ頑張っていきたいとは思いますが・・・・・
以上、フジケーでした。
スポンサーサイト
2009.04.28 23:09 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
むかしむかしあるところに、シュメール人というぼちぼち強い民族がいました。彼らは多神教で、ウルとかウルクとかラガシュとかよく分からない都市国家をつくって、なんか卑弥呼っぽい神権政治とかジッグラトとかつくってましたが、ぼーっとしてたらアッカド人に滅ぼされました。

でもアッカド人もそこまで強くなかったのでおんなじセム系のアルム人の方が有名になってしまうという屈辱的な結果になってしまいました。アルム人は古バビロニア王国をつくってハンムラビ法典とかがんばってたのでいい感じです。でもさっさとヒッタイトに滅ぼされました。
ヒッタイトは鉄器とか戦車とかもってたのでなかなかです。でもやっぱり500年もすれば海の民とかいう訳の分からない宗教団体に滅ぼされました。

ミタンニとカッシートは名前は残ってますが別にどうと言う事はありません。

エジプトでは武藤遊戯ことファラオが統一して、遊戯王カードを駆使した神権政治をしていました。都はファラオの気分によってメンフィスからテーベに途中移りました。途中でヒッタイトに遊戯王の勝負を挑まれて(カデシュの戦い)若干あせりましたが、ファラオは神のカードと適当にセコ業を使って何とか持ちこたえました。
でもファラオが死んでしまえばみんな遊戯王カードなんてどうでもよくなりました。
こいつらは面倒くさい太陰暦じゃなくって太陽暦をつくったのでそれなりに現代に貢献しています。

東地中海ではフェニキア人がシドンとティルスで貿易をしたりしてました。アルファベットの基もつくったので多分かなり貢献してます。
アラム人はダマスクスで適当にやってました。このあたりは平和です。
ヘブライ人はモーセの甘い言葉に誘われてパレスチナ辺りにやってきました。ダヴィデ王とかソロモン王とかが活躍してました。ダヴィデ王は死んでもルネサンスあたりで復活します。
その後はイスラエル王国とユダ王国に分裂して、知らない間にやられました。
ネブカドネザル2世はバビロン捕囚を行いました。ただそれだけです。

そのうちにアッシリアとかいう全世界統一しちまえっていう貪欲なやつがいましたが、王様のやる気がなかったので自然崩壊しました。で、エジプトとかリディアとか新バアビロニアとかメディアとかやけにいっぱいできたけど、リディアで鋳造貨幣作ったくらいで大したことはありません。最後にアケメネス朝が今までよりはいい感じの政治をしてテストも終わって一件落着です。

あ、僕はニドランです。

(次回投稿予定日:7月2日)
2009.04.27 22:08 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |

今日も日記をやると言ったら、あやしうこそものぐるほしき顔をされてしまいました。依然として名無しの1年です。今日はひたすらフローの浄書をしてました。

そろそろ潮時と見切られたか、どの班の勧誘も下火(というよりは、0に近い)になってきました。
僕として、一応1学期いっぱいは期待するつもり…ですが、腹を括って1人でもやっていく覚悟はしてます。
2年後は自動的に僕が班長に決まってしまうのでしょうかね。

そういう僕も、そのうち化学班と兼班するつもりをしているんですが…。
生物でATP=アデノシン三リン酸を習いました。先生によれば、ビンに詰めた試薬が市販されているそうです。一度見てみたいもんですねえ。ってどうでもいい話ですが。
2009.04.23 22:41 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

音楽の授業ありました。
膳所高独特のあのチャイムの音楽、恋はみずいろっていう曲らしいですね。

今日は雨でしたねー。
あんまりいい感じじゃないです。melancholyってやつです。まあ、綴りはさっき調べただけなんですが。






あんた誰だって思わないでくださいねー。
ただニックネーム決まってないんですよね…誰か作ってくれないかなあ。
入班して約1週間って、やっぱり短いんでしょうかね。

相変わらず、新1年生はme onlyです。
先輩がいるので今は問題ないですが、後々のことを考えると…さすがに肩身が狭そうです。
とにかく、僕も1年でなるべくかんばってみます。って何を、って聞かれたら、やっぱり答えられないですよねー。我らが11組はなかなか当たりが期待できない状況なので…模擬ディベートに興味を持ってくれた人は一応いるようですが。

とりあえず理数科の新1年です。
化学好きです。でもまだ化学の授業受けたことないんですよねー。まあ、生物の授業がおもしろいので、満足してます。好物は元素周期表。これが案外、眺めていても全然飽きなかったり。
体力ないです。これはさすがに致命的なレベル。一応卓球ならかなり自信あるんですがねえ。体力テストDから上に這い上がれないです。とりあえず駅まで遠いので、自転車が思いの外いい感じの運動に。
音楽好きです。ピアノ弾きます。ただ始めたのが中2のときで、しかも先生がいないので…複雑な曲なんかだと、すばらしい出来に仕上がってしまいます。J-POPも聴いてます。まあ基本ポルノグラフィティですが。

29日に練習試合があるとて、僕も出場させてもらうことになりました。
おめでたい僕は、否定側質疑を選んでしまったではありませんかー。
立論のあとすぐ出番です。結構恐怖です。準備時間なしでこういうことするのって得意じゃないです。が、こういうときは今までも結構うまくいったりしてたので、想像以上の結果もやぶさかでは…まあ、どっちの意味での想像以上かはお任せしますが。

明日は名古屋港水族館に校外学習です。
まあ、偶然にも一度行ったことがあるので、ある夏の思い出に浸りながら(?)、楽しんでこようと思います。
バスの中で何があるか、見ものですねえ。あっ、そういえば、クイズの問題を考えてこいって言われてたっけなあ。
2009.04.21 22:24 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
A⇒Aですね、わかります。
最近は日記多いね、Holyです。

部員はまあ(ry
入る人は入る、入らない人は入らない、
っていう考えが甘かったんだよ。
心揺れている人を動かすのはやっぱり人だったというか、もっと積極性持つべきだったのかもね。

今からでも遅くな……ゐ?
兼部できそうな班からその班にしか所属してない人をピックアップしてスカウティングすればいいんじゃね?、まあここで言うことじゃないね仕方ないね。


そういえば前の東海大会でのICをいろいろと聞いてみた。
自分のスピーチも聞いてみたが、うん。
下手だね!、逆に言えばまだまだ改善の余地がありまくるね。
言っている内容以前に、喋り方として損してる。
もっとちゃんと、切れ目無く喋れば20秒ぐらい得できそうな気がした。

んで、言う内容はきっちり吟味しておくべきだね。
やはり準備段階で差がつくね、俺なんて準備しないと喋れないし。


ただ、近畿大会にちゃんと準備して臨めるかどうか怪しい。
演劇で新入部員が入らないので、俺も多分出ないといけないパターンがきてる。
ちゃんと準備はできずに、ある程度の準備だけやるパターンだろうナァと。

と、まあ勝手に出場する気でいるけど、こんなハンパな状態では出場すらさせてもらえないね、本気だそう。
なんか普段のこと書こうにも書くことないのでディベートの個人的な話のみ。
Holy
2009.04.21 00:10 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
こんにちは
Tinnaです。

近頃は新入生向けの文章が多かったので、久しぶりに普通(?)の日記を書いてみます。

タイトルにも書いたとおり、最近食欲がすごいです。
学校がない日だと、一日中何か食べてるかも、って感じです。
昨日、おやつにホウレンソウのおひたしを作ったのですが、1把を全部一人で食べてしまって、結構焦りました(^^;
2把ゆでておけばよかった…

秋は気温が上がるので食べる量が増えても納得がいくんですが、
春に食べる量が増えるのは、なんだか腑に落ちないです。

これを読んでいる皆さんは季節によって食べる量が変わることとかってありませんか?

とりあえず、ここしばらくは食欲が収まりそうにないTinnaは運動でもすることにします。

それでは、また会う日まで



2009.04.19 11:47 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
一年生があまりに少ないことに危惧を覚えているのは僕だけではないはずです。

お久しぶりです。ハヤブサです。めちゃくちゃ久しぶりなのですが、ここで新入生にむけて文章を書いて見ようと思います。男女問わず、弁論班は歓迎しているので、性別なんて気にせずにお願いします。

弁論班でやっていることはディベートです。ディベートって、なんで面白いのかなということについて書いて見ようと思います。

ディベートから学んできたものは本当にいっぱいあります。
ほんとうに、ディベートはスポーツだと考えてしまってもいいと思います。
運動部で言う、日々の練習にあたるところが、弁論班においては議論です。念入りにみんなで議論を行って準備をし、さらに試合前にはスピーチの練習をしっかり行っておかなければ、自分たちで積み上げた議論が本番で生かされないからです。

ディベートは本当に愉しいですよ。
僕もディベートは高校に入ってから触れたものなのですが、だいぶのめりこんでしまいました。

なんでのめりこんでしまうのでしょうか。それは弁論班に入って確かめて欲しいものです。たぶん、「ちょーきもちい」何かが見つかる…「すばらしい」と思えるものがあるのです。(もちろん人それぞれですよ


ディベートを通して得られるものは、僕にとってはとても大切なことであります。
まず、多角的な見方を身につけることがすこしはできたのかなと思っています。
ひとつの現象やできごとがあるとして、その原因や結果を様々な視点から考えていく。
難しいことではあると思うけれど、そういう力を少しでも養うには弁論班は最適だなぁと。
ひとつのものの見方だけでなく、ほかにこんな見方があるんだ!と気づいていけることで、自分の世界がまた広がっていくのです。

そして人前で分かりやすくスピーチをするということが練習できます。これについては、元来の国語力が低い僕はいまだに自信が無いのですが…(笑)少なくとも昔よりはマシになってきたのかなと思っています。
分かりやすく話すということは人生において絶対に有利だなといえます。すなわち、どんな人が相手であっても自分の意見や主張を伝えるためには、言葉を操る力が要ると思うのです。それはコミュニケーションという点においてもっとも大事です。スピーチの速さや組み立てについてうまくできれば、入試での小論文、現代文だけでなく普段の社会生活で役に立つスキルになると思います。

少し堅っ苦しいことばっかり言いましたが、なんていっても、チームのみんなで必死になって駆け回る、熱中できる、高校のときでしか得られない青春がほしい!という思想は、弁論班でかなえることができます。確かに、いろいろな考えの人が弁論班にはいるでしょうから、気合の入り方なども人それぞれなところはあると思います。けれども、高校生活で、なにかひとつ、あなたの「宝物」をつくるとしたら、ディベートというものはぴったりのものになってくれると思います。
必ずやディベートは青春の一ページをつくってくれることでしょう。
みなさん、僕たちと一緒にディベートを通して何か大きな、輝くものを見つけませんか?

いつでも入班まっています。今までの日記のとおり、一緒に戦ってくれる後輩が不足しているというのは事実です。どうか、少しでも興味があるなという方は1階選択bへ来てください。

最後に、私の下手な文章を読んでいただき、ありがとうございました。
弁論班一の日本語下手なハヤブサでした。
2009.04.19 00:04 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
朝早い電車の中で、私と少女は尚、会話を続けています。
そして、先に口を開いたのは、また彼女の方でした。

「前置きはこれぐらいにしましょうか。最初に私は言いました。私はあなたに何かをしてほしいんじゃない。ただ、私のことを知ってもらいたいのです、と。では、その通り私自身について話してもよろしいでしょうか?」
彼女の語り口は一見、相手を尊重していますが、そこに拒絶という答えは無きものに思えました。
彼女の声は少し小さく独りごとのようでありますが、対照的に私には強く何か彼女の思うものが感じられました。
彼女の声が私だけのものになっているような、優越感を感じていたのかもしれません。
もちろん私はその流れに抗うことなく、彼女の訴えに身を委ねていたのです。

「えぇ、では。先に申し上げておきますが、ここで私とあなたが会ったのは偶然ではありません。むしろそれは必然に近く、いや必然でなければなかったのです。事実、私とあなたはこうして会話できるまでの仲になったのですから、そこに疑う余地はないのですが。あぁ、また話が逸れてしまいました。すみません、わざわざ時間を取ってもらっているのに。今度こそ本題です。」
そう言うと、彼女は「すぅー」っと息を吸うと、1テンポ止めて、言葉を吐きます。
「私、名前を零唯(れい)と言います。漢字は“れ”が0で、“い”が唯一の唯の字です。苗字は割愛させてください。どうせ直ぐに分かることですが、今は言わない方がいいと思うんです。職業、というのか分かりませんが、私は中学三年生です。えぇ、あなたの1つ下ということになりますね。」

零唯、変わった名前だと思いました。
でも、彼女にはとてもお似合いな気がしてならなかったのです。
何の違和感もなく私は受け入れることができそうに感じました。
彼女の名前も、彼女の存在自体も。

然し、どうやら彼女は大きな事を言い忘れている、いや躊躇しているようでありました。



第4話に続く
2009.04.18 03:16 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |
日記書くの忘れてましたとうもろこしです。

昨日の模擬ディベートから1日経ちましたが、昨日の様子からすると
新入班員は1人、多くても2、3人くらいという感じでした。

女子はもちろん0人でしょうねーーー。

悲劇ですね。

勧誘結構がんばったのに、残念です。

でも、入ってくれなかったら入ってくれなかったで、
気持ちを切り替えて頑張ろうと思っています。

短文ですみません。

2009.04.17 23:02 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |
みなさんこんにちは
弁論班では今日、“膳所高校は制服を廃止すべきである、是か否か”でディベートを行いました
来て下さった方、本当にありがとうございました
アンケートでも好評だったみたいなので嬉しい限りです
弁論班への入部お待ちしています

短いですが、この辺で
2009.04.16 17:37 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
今日は早く帰る名目で日記を書いているとうもろこしです。

僕もはや、二年生ということで、気を引き締めて臨んだ授業では寝て、
新入生の勧誘では電話という巧妙な手を使われて逃げられてしまい、
いろいろと予定違いな日常を過ごしています。

このまま男子だけしか入班してくれなかったら、いったい弁論班はどうなるのデショウ・・・

男子が増えれば女子は入りにくくなるという連鎖が続いていって、最後には男子だけになって
悲劇が起きる・・・ヨ?

これはイヤですね-------!

ははっははは-♪



ということでそんな悲劇を避けるべく明日からはハゲシク勧誘する「予定」です。

あ-眠い。

P.S.タイトルは全く無関係です。ちなみにまたまたたまたま・・・かぶとはとぶか、は○○○○団のアジトのコ-ドダヨ。



2009.04.13 22:50 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
どーも、おっちゃんです。意外と早いうちに再び登場する運びになりました。
本日は我らが顧問が異動することになり、その送別会でした。
先生は弁論班立ちあげ(正しくはディベートを始めた時から)からずっと私たちの面倒を見て下さっていたので、非常に残念であり寂しいです。
とりあえず、私たちに出来るのは結果を残すことのみ。夏に吉報をお伝えできるよう、頑張りますね。先生、今まで本当にありがとうございました。またいつでも御指導に来て下さい。

さて、下にもズラリと並んでるように、現在新入生勧誘期間の真っ只中。各班一年生を集めるために必死です(特に弱小班は)
弁論班ももちろん例外ではなく、現在確かに班員は多いのですが、いつまた人数が少なくなり廃班の危機に陥るかもしれないので、新入生は最低5名は入って欲しいなと考えていたりします。
とりあえず、勧誘の言葉なんてもうみんながお腹一杯分書いてるので自分はさらさら書くつもりなんて無いんですが、一言模擬ディベートには来て下さいと言っておきます。
競技ディベートの面白さは実際に試合をやっているところを見ないと分かってもらえないと思うんですね。なので、16日木曜日、放課後は視聴覚室に足をお運びください。

というわけで、今日はこの辺で。
2009.04.11 23:58 | 平常活動 | トラックバック(-) | コメント(0) |
申し訳ありません!!!

毎度毎度日記担当のはずが、すっかり忘れていて、それを暗室で
気づいたとうもろこしです。

やっぱり、忘れっぽいです・・・

今日は宿題考査があったのですが、ぐは・・・っていうかんじでした。

この時期にこんな内容を書いているのはKYと重々承知しておりますので、
そっち方面のことも書こう、と思います。

さて、現在一名、新入班員(98%)がいます。

でもひとりじゃ、やっぱさみしいです。

といことで、月曜日から皆さん勧誘ガンバリマショー!

悲劇は未然にフセグベシ!!!!!
2009.04.10 23:42 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |
こんにちは
が美しい4月になりました
季節が流れるのは早いもので、私が弁論班に入部してからもぅ一年が過ぎようとしています。

新一年生のみなさん
部活はどこに入ろうか決めましたか?
もし、迷っているのであれば是非弁論班を見に来て下さい
“選択教室B”で毎日楽しく活動しています

私自身家が長浜、と遠いのでやりたい部活に入れずどの部活に入ろうかすごく迷っていました

でも弁論班は兼部もOK、帰る時間も遅くならないので皆さんが思う、勉強も部活も恋も友情も全てENJOYすることができます
これは膳所高校が唱える文武両道の精神に完璧にあてはまっています
こんな部活は弁論班以外考えられません

何より部員みんなとても個性豊かで、男女、学年問わずに仲が良いのでとっても楽しい部活です
私達と一緒に、毎日楽しく、そして時には熱くディベートをしませんか?

特に女の子の入班を待ってます
みんな、かっこよくて優しい男の子ばっかりです
のでので
是非是非是非是非是非弁論班へ

全国大会に行くことが出来ればディズニーランドもついてきます
是非是非是非是非是非弁論班へ

木曜日には視聴覚教室にて模擬ディベートも行います。
一度足を運んでみてください。
部員一同お待ちしています(。・∀・。)ノ
2009.04.10 20:04 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
新入生のみなさん。
入学おめでとうございます。

校門にちかづくと、いきなり部活の勧誘に出会って、驚かれた方も多いのではないでしょうか?

弁論班には、チアリーダーやサッカーのような目に見えて分かる華やかさ、カッコ良さはないかもしれません。
でも、実は私たち弁論班は運動部並み、いやそれ以上の情熱、闘志をもってディベートに取り組んでいます。
試合では、文字通り「熱い」議論が交わされます。
考え抜いたロジックとコトバで相手の主張を打ち崩していく―
自分たちの主張が上手くジャッジに伝わったときの快感は、体験した人にしか分かりません。

さらに、ディベートは「熱い」だけではありません。
ディベートの試合をするには、下準備が不可欠です。
試合の1ヶ月や2ヶ月も前から、資料を調べたり、立論や反駁を考えたり、本番までにコツコツと議論を積み上げていきます。

この下準備があるからこそ、試合のときにディベーターが輝けるのです。

ディベートでは「」と「」、どちらも体験することができます。
ディベートをすることによって、あなたは他の人の何倍も高校生活を楽しむことができるでしょう。


なに?
弁論班に入ったらもてないんじゃないかって?
いやいや、そんなことはありません。
ぶっちゃけ、ディベートをやってる高校生はカッコいいし、ステキです。
真の青春を味わいたかったらディベートをするしかありません。
部活動そのものも恋も、ディベートをしてこそ、本当の意味で成功できるのです。

熱血なあなたも、知的でおとなしいあなたも、
是非弁論班でディベートを体験してください。


2009.04.08 21:01 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。