FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
みなさん冬論題お疲れ様でした。

結果から先に言うと、AチームBチーム共2勝2敗。第4試合で同士討ちがあったので、そこでの結果によっては3勝1敗と1勝3敗になっていた可能性もあります。
ちなみにでら先輩が立論でベストディベーター賞受賞。おめでとうございます。

この約3ヶ月間を振り返ると、入班→全国大会までの3ヶ月よりもずいぶん短かったように感じます。修学旅行などなど‥で準備時間や練習時間があまりとれなかったことも関係していると思われますが、全体的にモチベーションが上がりきらなかった感があります。反省点の一つかもしれません。

○内容についての振り返り○

準備段階では、肯定側のほうがやりやすかったように思います。
肯定側の方針としては、原発事故→被害、という流れがありました。よっぽどひどい議論をしない限り、原発事故の被害の大きさが反証されることはないので、肯定側としては事故の確率が高いことをどうにかして論証すればよいわけです。
試合をしてみると、どこの学校もほとんど例外なく、肯定側は事故の話をメリットとしてあげてきました。しかし、膳所高校と、大部分の他の学校で、事故の起きやすさを立証するための方針が全く異なりました。

前者は、そもそも事故を防ぐことは不可能である、と言い切ってしまうもの。詳しく説明すると、想定外のトラブル=今まで起きないと思われていたトラブルが発生するが、「起きないと思われていた」のだから対策はされていない。よって、想定外のトラブルからいつ大事故につながるか分からず、それを事前の対策で防ぐことは不可能だ、というものです。
結果的に、この立論は実戦ではあまり強さがありませんでした。原因は二点あると考えています。
一点目に、この立論の構造自体が、反駁→再反駁の流れを念頭に置いて作られていたということが挙げられます。この立論を額面通り受け入れると、想定外→事故、あっそう、という感じで終わってしまうだけ、大変弱い立論なのです。事故の起きる確率については全く言及していませんから。そこで、「対策がされている」などの反駁に対して、「想定がなければ対策はされないから、想定外のトラブルに対策は無理」、「(資料付きで)事故確率は低い」→「事故確率は予測できる範囲でしかない。実際に、100万年に1度しか起きないといわれていた事故が発生している(スリーマイル島事故)」と返していくことで、肉付けを図ろうと考えました。しかし、この作戦は上手くいきませんでした。実際、相手は思い通りの反駁をしてくれるわけではないようです。ある先生が「立論は最強の議論でなければならない。反駁のために資料を使わず取っておくようなことはしない方が良い」とおっしゃっていましたが、これは確かに的を射た指摘だと感じます。完全には無理でも、肯定/否定側で言いたいことをなるべく立論に集約しなければならないのかと思います。
二点目に、この立論が、事故が起きる確率を「高い」とは全く言い切っていなかったことが挙げられます。言ってみれば単に「低くないかもしれない。わからない」と完全に「不明」にしてしまっただけであり、「○○だから●●という事故が起きます」とは説明できていませんでした。今回のジャッジの皆さんはわれわれが予想していたよりも事故確率を低めに取られていて、確率が「わからない」としか言っていないわれわれの立論ではlim事故確率→0にされてしまいました。つまり、メリットの大きさは限りなく0に近くなりました。結果的にはこれが最大の敗因であると考えています。
後者は、何か一つのリスク因子(地震という場合が多い)に焦点を当て、そこから事故が発生することを立証するものです。「地震で配管が壊れてメルトダウン」など、具体的に狭い範囲の事故を取り上げ、それが起きることを立証しようとするもの。具体性はありますが、直接反駁が効きやすく、実際に先ほどの地震の例でも、資料を用いた反駁が効いていました。このタイプの立論でも、事故確率の高さを立証するのは困難であったように思われます。

次に否定側の議論に移ります。
なぜ準備段階で否定側はやりにくかったのでしょうか。
大きな問題として、否定側のメリットはCO2とそれに付随する問題か、電力の供給危機のどちらかしかありません。
膳所高校は後者をとりました(後述)が、試合では前者を取っている学校も多くありました。ただし、「それに付随する問題」の部分がどちらかというと主になっていました。
膳所高校は、敷地の問題で代替発電は無理→首都圏が電力不足、という流れで立論を組み立てました。
ただ、この立論には事前に予想できた致命的な弱点があります。
立論の流れを大まかに説明すると、
(前提として)原発が一か所止まっただけで電力不足になった実例あり(2003、柏崎刈羽)→現状の発電能力を維持しなければ停電+代替は火力(資料つきの立証あり)
計算上、代替には最低でも甲子園の100倍の面積が必要+火力発電所は海岸沿いにしか建てられない
→海岸沿いだけで甲子園の100倍の面積は無理
まず、海岸沿いにどれくらいの面積があって、甲子園の100倍と比較してどれくらい足りないのか、ということの議論がないので、論理の飛躍を伴わないと成り立たないような立論になっています。
しかし、不思議なことに、ここを突いてきたチームはなく、ジャッジさんもすんなり(?)と受け入れてくださった感があります。われわれと一般論とのズレがあったのでしょうか。
ただ、また別のところが致命傷となりました。前提で、「現状の発電能力を維持しなければ停電」ということを述べていますが、この前提が資料付きで攻撃されたのです。相手は火力発電所の年間設備利用率が5割以下で、原発をすべて代替しても7割程度、という資料を出してきました。ただ、それとほぼ同じことを述べている資料をこちらも知っていたので、それに対する返しはできているつもりでした。
第一に、5割以下という主張は「年平均」であり、季節による変動が見込まれていないということです。当然、発電能力というのはもっとも電力需要の大きくなる時期でも対応できないと駄目ですから、年間で平均すれば設備利用率がそれなりに低く見えるのは当然と言えます。
第二に、実際に原発が止まって停電しそうになった事例もあることだから…
しかし、判定によれば、敗因の一つは「実例は突然起きたため準備ができていなかったが、プラン導入は事前に予期できる。よって、それまでに対策をすることは可能」ととらえられた(判定には含めていないとおっしゃっていたような気がします。もっと別の理由があったのかもしれません)ことであったようです。よって「火力で十分代替可能」というのがジャッジさんの共通認識になっていたと。
停電が起きなければデメリットは0ですから、当然ながらデメリットの大きさはほぼ0。本当にありがとうございました。
否定側の敗戦の具体的な原因(と考えられること)は以上です。

準備段階としては、練習試合をしなかったことが大きな痛手になっていると思います。
作った議論が本当に勝てるのか、試合でどのように受け取られるのか、ということは、実際に試合をしてみないとわからないのでしょう。実際のところ、今回の議論は準備段階の予想とは大きく外れた受け取られ方をしました。
当然「場慣れ」にもなりますから、練習試合は積極的にした方がよいのかな、と、個人的には思います。

以上でまとめを終わります。冬論題で得た教訓を夏に生かしましょう。それでは皆さん、良いお年を。
スポンサーサイト
2009.12.21 21:01 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
~修学旅行に持っていくとよいもの~
・サンダル
・ゴーグル
・電子辞書(グアム大学用)
・本など(暇潰し用)
・団扇、扇子
・小銭入れ(アクティビティー時、盗難対策)

~修学旅行に持っていかない方がよいもの~
・フォーカス
・リーディングパワー
・セミナー
・単語帳
・倫理の教科書
・モノポリー(寝不足になります)

適当ですみません。デンチュウでした。
2009.12.12 00:32 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
やあ、みんな元気?スレイマン1世だよ!
いやぁ、もう近頃オスマン帝国強すぎて困っちゃうよ↓↓
まあ、僕の国だけどね。

みんな弱い弱い。
ハンガリーとかまぢで余裕だったよ!
みんないい人過ぎちゃってさ、最初着いたらチョコレートもらっちゃったよ~。
こういうのって恩をあだで返すっていうのかなぁ?ああ僕って罪深いなぁ~・・・。
どこかの誰かが勝手に「モハーチの戦い」とか名前付けてたよ。ぼくカカオの戦いとか、もっとカワイイ名前がよかったんだけどな~。

ウィーンはなんかつまんなかったな。キリストだけにイエスの奇跡みたいな感じで大変かと思ったけど。
僕まだ漫画読んでる途中だったのに、「終わりました」だってさ。
あんまりにもつまんないから手放しちゃった。
もうチョッと強くなるまで待ってようかな?

そしたら今度スペインとかヴィネツィアがローマのおじさんと手を組んでいきなりヤロうヤロうって言ってきたから、さすがにチョッとあせったかなぁ。
でもなんだかんだで勝っちゃった!
ちょっと僕たち強すぎ?
キャハハ☆

さあ、次はどことヤッちゃおうかな~?

(次回投稿予定日:3月19日)
2009.12.09 22:11 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
どうも、デンチュウです。
タイトルは、今日来てた人はわかると思いますが、とある事情で久しぶりにとうもろこしが部室からパソを持ってきたので、つい嬉しくなってじゃんけんの前に口走ったら見事負けたということです。
しかもとうもろこしとの一騎打ちに負けたのが悔しくてなりません。あの食物、最近はグーを出すと言っておいてフェイントをかましたりするので注意が必要です。

超久しぶりの日記なので何書いたらいいかわかりませんが、とりあえず約一週間後に迫った修学旅行について話します。
今回の膳所高の修学旅行先は・・・なんとグアムです!ってここを見てる人で知らない人はいるのか?!
そうです!なまこで有名なグアムなんです!
そういえばなまこって、漢字で書いたら海鼠で、英語だとsea cucumber(海のキュウリ)なのに、実際はウニとかその辺の仲間って意味わかりませんよね。
とりあえず・・・それにしてもグアムって意外とコレといったイメージがないですよね。
夏休みの宿題とか講演会のおかげで、戦争の舞台になったとかそういうことは知ってるんですが、特産物とか観光名所もあんまりないので、ちょっと残念です・・・。
でも、僕は海外行くの2回目だし、おそらく人生最後の修学旅行なので、楽しんできたいと思います!

それにしても、修学旅行終わって夜中に帰った翌日が近畿の試合で、その次の日が数学の復習考査ってほんとに終わってると思います。皆テストとか気にしないで冬休み楽しもうぜ!
2009.12.07 21:22 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

科学英語講座の希望者の抽選に落ちました。だいぶテンション下がります。つばくろです。

暇なので1=2をひたすら証明します(よい子はマネをしないように)。

背理法を利用した証明
(証明)
1≠2と仮定する。
両辺に0を掛けると、0≠0となり矛盾する。
よって、1≠2と仮定すると矛盾が生じるから、
1=2
(証明終了)

生物学を利用した証明
(証明)
生物学より、
ゴリラ=ゴリラ・ゴリラ
したがって、
ゴリラ=ゴリラ^2
⇔logゴリラゴリラ=logゴリラゴリラ^2
⇔logゴリラゴリラ=2logゴリラゴリラ
logゴリラゴリラ=1より、
1=2
(証明終了)

日本の社会制度を利用した証明
(証明)
χ=0とすると、
tanχ=sinχ
両辺をn(n≠0)で割ると、
taχ=siχ
よって、税率(tax)は6(six)%
ここで、日本の消費税率は5%であるから、
taχ=5
よって、
5=6
両辺から4を引き、
1=2
(証明終了)

英語を利用した証明
(証明)
動名詞は動詞を進行形にしたものであるから、1語
不定詞は動詞にtoをつけたものであるから、2語
動名詞と不定詞の意味は等しいから、
1=2
(証明終了)

Googleを利用した証明
(証明)
10000000000000000-9999999999999999=1
Googleの検索フォームに、
10000000000000000-9999999999999999
と入力する。
Googleの電卓機能より、10000000000000000-9999999999999999が計算され、結果は0となる(確かめてみよう)。
よって、
10000000000000000-9999999999999999=0
したがって、0=1
両辺に1を足し、
1=2
(証明終了)

出典:アンサイクロペディア(最後のもの以外)

まさかとは思いますが、本気にする人がいないとも限らないので冗談であることは明言しておきます。

ではまたお会いしましょう。
2009.12.04 20:27 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |
むかしむかし、北アフリカにベルベル人が住んでいました。
彼らはしばらくの間ひっそりとたいした大事もなくだらだらと過ごしていたのですが、なんとなく繁栄していて歴史の教科書でも大注目のローマ帝国にそこそこあこがれていました。

そんな時、彼らは気付いたのです。
ベルベル人A:ベル、ベルルベルベル?(なあ、なんかヤバくない?)
ベルベル人B:ベルル?(何が?)
ベルベル人A:ベルベルベッルル、ベルベルベルルルルーベルルベルルンルン。(このままだったら、俺たち歴史の教科書に載らないじゃん。)
ベルベル人B:ベル・・・。(ああ・・・。)
ベルベル人C:ベル、ベルルールルンベルベッルルル?(じゃあ、イスラーム教でもやってみる?)
ベルベル人D:ベル、ベルベルルベ!!(ああ、今流行りの!!)

こういうわけで彼らはイスラーム教を取り入れて、見事に歴史の教科書に名を連ねる事に成功しました。
しかし残念ながら本日のテストでの扱われ方はかなり雑な感じでした。
さぞかし悲しんでいることでしょう。

彼らはムラービト朝(本人たち曰くベルールル朝)、ムワッヒド朝(同じくベルッルル朝)と国を立ち上げて、スペインの間で中世の一大ブームになっていた地球の緑と俺たちの領土を守ろうキャンペーン(通称レコンキスタ)に対抗して、アメリカ古代文明のように訳のわからない感じで扱われることを回避することに成功しました。

でめたしでめたし。
ニドランでした。

(次回投稿予定日:3月9日)
2009.12.01 21:42 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。