FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そろそろディベートの話がしたくなりました。つばくろです。

さて、今回の論題―日本は少年犯罪の実名報道を認めるべきである。是か非か。―ですが、実はこの論題、過去にディベート甲子園で使われたことはありません。

過去に使われたことのある論題だと、その時作成された立論や集められた資料などを参考にできるので、議論の方向性も定まりやすく比較的楽です。しかし、今回はそのような蓄積がないので、すべてイチから自分たちで考えることになります。

これまでの活動で一応議論の大筋はかたまり、立論も出来上がりました。が、まだ問題点も多く、一反、二反まで含めた全体としての流れはまだ確立していないのが現状です。21日に練習会があるので、それまでに自分たちの勝ち方、押していく部分をきちんと意識し、対戦に臨む必要があると思います。しかし、こちらの議論がどこまで通用するのか、相手校はどのような議論を展開してくるのかは、実際に対戦してみてはじめて明らかになることです。

ディベートである論題に取り組む場合、はじめは各チームがかなり違った方向から議論を展開していますが、練習試合を繰り返していくことで徐々に議論の方向が定まっていくという印象があります。練習会の時の議論によって今後の方向性を考えていく必要があるでしょう。

時間的にも余裕がないので、これからさらに集中してやっていかなければならないと思います。
それではまたお会いしましょう。
スポンサーサイト
2010.11.07 22:38 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。