FC2ブログ
この前の土日、福島県でパソコン甲子園が行われました。

まず、応援してくださった方々ありがとうございました。おかげさまで、矢沢久雄賞を受賞することができました。

矢沢久雄賞、なんだか、よくわからない賞ですが、簡単に言えば、ディベート甲子園でいうところの、コミュニケーション賞のようなものです。

で、試合のことについて話したいと思います。試合は、土曜日に試合時間4時間という半端なく長い時間、連続で行われました。その間、選手は、30問ほどのプログラミングの問題をひたすら解き続けます。

正直言って、4時間はしんどいです。おまけに、試合中に飲もうと思って、1.5Lのジュース2本と、紙コップを買っていったのですが、飲食禁止で持ち込めませんでした・・・orz
でも、大会主催者側が、隣の部屋に休憩用の、ジュースとお菓子を用意してくれたので、もともと、必要なかったのですが・・・^^;

問題としては、例えば、年数が二つ入力されて(ex 1900 1945)、この間にうるう年はあるかどうかを調べて、あったらその年数を出力、なかったらNAと出力するプログラムを作成しろ、といった感じです。

で、はっきりと感想をいいます。いやぁ、日本は広い。他のチームすごすぎです。優勝したチームの得点は366点でしたヽ( ゜□ ゜;)ノ。僕らは、矢沢久雄賞、こそ、もらっていますが、得点としては、たぶん、200点あるか、ないか位だと思います^^;

予選よりは、知識ももっていましたし、調子も悪くはなかったので、自分たちとしては、よく解けたなぁと思っていたのですが、まだまだですね。いや、日本は広い。試合はとっても楽しかったです^^

問題の点の構成は、簡単な問題が10点、普通の問題が16点、難しい問題が45点だったので、難しい問題を狙えば、かなり点数が入るのですが、難しい問題は、その名の通り、難しいです。

45点の問題は、ほとんど解けませんでした。かといって、10点の問題ばかりといていても、なかなか点も上がらないですし、10点といえども、そこそこ難しいです^^;

45点の問題を狙っていけば、かなり素早く点数が入っていくので、来年は、45点問題の対策を十分にして望みたいと思います。(というか、来年3年なのですが・・・。まぁ、気にしないでおきましょう^^; )

もっとまじめに勉強しておけばよかったと、後悔はしているものの、何はともかく、とても楽しかったです。ぜひとも、来年も参加したいです。来年も予選を通過できるかどうかは分かりませんが・・・^^;

Written by Y.A
スポンサーサイト



2005.11.08 19:40 | その他 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示