FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
終了間近の京都展に行って参りました。つばくろです。

加工済みとはいえど本物の人体標本が展示されているということで、人出はかなりのものでした。

積極的安楽死の論題でも、その前の原発論題でも、注目する点は違えど人の死について議論することはありましたが、その亡骸がどうなるかということについては(もちろん論題外のため)準備でも試合でも議論に登場することはありませんでした。
証拠資料によくのぼるトピックの一つに臓器移植法の改正がありますが、自分の亡き後の体をどうするかについて、自分の考えを持たなければならない時期にきているような気がします。

僕の体は筋力も弱い上、心臓も肺も男子高校生らしくない小馬力なやつです。簡潔に言うと、スポーツダメです。
しかし、めったに病気はしないし、多分、内臓もちゃんとあると思います。
人体の不思議展はちょっと遠慮したいですが、臓器移植なら・・・

でも、できれば、体の中の臓器も何もかもが壊れてしまうまで、あと100年は頑張って生き続けたいですね。

我々ゆとり世代の老後は果たしてどういう世の中になるのでしょうか。

それではまたお会いしましょう。
今までずっと内輪でやってきたこの日記ですが、弁論班の人数が減ってしまった今、仲間内だけを対象にした日記を書く意味は薄れてきていると感じます。
弁論班について多くの人に知ってもらうことが必要になってきていますし、弁論班日記も、周囲に向けて発信していく姿勢に転換させる方針です。
スポンサーサイト
2011.01.22 17:00 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(1) |

一般人を捕まえて殺して皮を剥ぎ展示して金を払わせるすごい商売。「人体展と中国の人体闇市場」サイトが詳しい。
http://redfox2667.blog111.fc2.com/blog-entry-100.html

2011.01.22 20:42 URL | からだ #UjA0kEyI [ 編集 ]












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。