FC2ブログ
今日3年生が引退宣言
2年生班長・副班長があいさつ

一区切りといったところです。






こんにちは、しがない絵描きです。
新たな段階へ・・・2年生が部活を引っぱって行くことになります。
がんばります! というのはあまりにも抽象的なので、具体的に述べていきます。

今日YASUO先輩と話したのですが、わたし・われわれは抽象的な議論に走って、そこで満足してしまっている傾向があるようです。抽象的なことを主張するのはかまわないのですが、議論全体が抽象的になってしまうのがいけないのだと。

[抽象的]
新明解国語辞典より引用開始。
具体的な個個の事象を離れ、現実の問題との対応関係がとらえにくい様子だ。
引用終了。

派遣論題でも同一労働同一賃金というが、何が『同一労働』なのだと。
同じ仕事といっても人事面、仕事内容、契約期間、責任の重さ・・・などなどたくさんの基準があります。そこのところをほっぽらかして話をしても、あまりにも抽象的です。プラン後にどのような人たちが(何人)救われるのかきっちり示さないと、たいへん重要性の薄い立論となってしまいます。

対象は、同労金では正社員と同じ仕事内容、契約期間、人事面が同じ派遣労働者です。派遣労働者の多くは正社員との格差に不満を持っています。そういった人たちを救うのは、たいへん重要なのだと主張すべきでした。

われわれの課題としてまずあげられるのが、問題のリストアップです。全国大会で膳所の弱い点が手に取るように解りました。それらをどのように補っていくのか、考えていきます。


最期に手短ながら、3年生の先輩たちにお礼申し上げます。
前班長へ
十人十色、個性あふれるメンバーが、一つのチームとして試合にのぞめたのは、先輩のおかげです。われわれ後輩は先輩に頼りっきりで、立論チェックや仕事の割り当てなど、多大な負担をかけてしまいすみませんでした。未熟者ですが、これからは1・2年生が自律して、部活を引き継いでいきたいとおもいます。ありがとうございました。

ハイ先輩へ みったん先輩へ
立論製作ではお世話になりました。立論の作り方、構成などさまざまな面で参考にさせていただきました。「同一労働同一待遇の達成」は結局使わずじまいでしたが、私としては待遇面に観点を持っていけたので良かったです。労災立論の重要性にしっかり活用できたと思います。先輩との議論は面白かったです。ありがとうございました。

YASUO先輩へ
桃源郷に住む私を、リアルに引き戻してくださっのは先輩です。「抽象的から具体的に」というアドバイスは、弁論に限った話ではありません。私の今後の方針になるでしょう。また私が学問を志したのは、先輩の影響もありました。先輩の姿を見、話(高2複素積分)を聞いて、自分も負けていられないなと思いました。面白かったです。ありがとうございました。

先輩方、お疲れさまでした。われわれ1・2年生は弁論班を継いでいきます。
2008.08.20 21:52 | つぶやき | トラックバック(-) | コメント(0) |
GetAttachment.jpg
今日は美術の話しかしません。

学校の図書室に「原寸大美術館」という本がありまして、題名の通り有名絵画を原寸大で観れる本です。最近私はそれを借りて模写しています。偉大な画家を筆跡をたどるのはたいへん勉強になります。私のような美術教育を受けていないで者さえ、すばらしい構図を描けます。あげた写真は私が描いたもので、水彩です。あまり時間をかけていないので多少雑ですが、自分では雰囲気をだいたい再現できたと思っています。

しかし何か違います

・・・完成された絵画には何人たりとも触れることができません。ちょうどクレオパトラの美貌のように。パスカルは「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら歴史が変わっていた」と評しました。女性がちょっとでも左か右に寄っていたら、あのすばらしい比が崩れ去ってしまいます。私もそんな絵を描きたいのです。自分しか描けない絵を。そのためには努力を惜しまないつもりです。

肯定立論がんばります。
2008.07.24 20:25 | つぶやき | トラックバック(-) | コメント(1) |
どうも、前代未聞の「休日含め四日間連続のほぼ一日部活動」が終了いたしました。
タライの中に帰らないとそろそろ死んでしまいそうです、うなぎです。
兼部って…大変だなぁ…
先輩方を心から尊敬した四日間でした。
ぁ、まだまだ演劇班は女子募集中でーす←いい加減黙りなさい

いや大袈裟だなんて言わないでくださいよ。
中学時代は運動部じゃなかったんですよ。
朝練が嫌で吹奏楽部にも入らなかったんですよ。
運動音痴の美術部員で、ぷくぷくアブラの乗ってゆく腹を空しく眺めていたんですよ。
はい、BMIはまだ標準値内ですが外見かなりぷよぷよです。
そんな人に体力があるだろうか?ってんな訳ないですよ。
これから頑張ろうとは思ってますけどね。意欲だけはある。

そんなこんなでまぁ、本日の練習試合も、第二試合のフローとりながら居眠りこく大失態。
いやほんとすみませんでした、土下座したい勢いですごめんなさい。
立論思ってたよりもまともに読めたからいいかな、もっと精進します。
あと班内試合の否定立論をさっさと完成させt…って今私何か言いました?にまにま


というか、この前から日記書こうと思ってたんですよ、Holy先輩が書いてた日辺りから。
その翌日に、「今日こそ書くぞ」とメモ帳に打ち込んでた下書きより引用開始。


じゃんけんで負けちゃった昨日、当然のように日記当番を狙う私、
それを何となく読んでいたHoly先輩が

「うなぎサンは回ってこなくても書くよね?」

そういえば、そうでした☆
(やっべぇ書きすぎた!これから顔出さんとこかな!!とか思ったのは秘密)(結局出してますし)



引用終了。

そんな訳でした、笑
多分これからも回ってこないのににゅるにゅる出てくると思われますので、
OBさんOGさん含む先輩、同級生、未来の後輩のミナサマ、それから他校の方やふらふらっと辿りついてくださった方々や、、えぇと。
とりあえず皆様宜しくお願い致しますです。
ぺこり。

2008.06.08 21:08 | つぶやき | トラックバック(-) | コメント(4) |
私は絵描きです。
今日1年生は試合でした。でも私は行ってません。立論作成者だから(TOT)
選択B教室にはたった3人、さびしい はぁ
でもばっちり立論たたかれました。特に発生過程。それだけでも心が折れそうなのに、なんか立論についてしゃべっていたら「桃源郷」といわれました。。。。。。。。。。。関係ねぇ

もういいですよ、どんどん「桃源郷」を突き進んでやろうじゃぁありませんか。
授業中にひらめいた問題です。がんばって解いてください。
§a,b,nを自然数として、a/(n+1)+b/nが自然数になるとき各項が自然数になることを示せ。
 a/(n+1)+b/n 
=(an+bn+b)/n(n+1)
ここで分子分母をnで割ると
=(a+b+b/n)/n+1

a+bとn+1は自然数だから
補題 c、dを自然数p/qを既約分数として、(c+p/q)/dが自然数になるには、少なくともp/qが自然数でなければならない。
ちょっとエレガントじゃないがp/qを自然数でないとして
分子=自然数+小数
分母=自然数
だから割り切れない。よってp/qは少なくとも自然数でなければならない。

したがってb/nは自然数。よってa/(n+1)も自然数にならなければならない。QED

この解答が間違ってたら指摘してください。まあだいたいこんなかんじです。
数学はおもしろいですよね。でもなんか学校の図書室の“大学への数学”は不人気です。結構良問そろっていますよ。タダでもらえるからみんなもやってみてください。以上桃源郷でした。
2008.06.03 21:09 | つぶやき | トラックバック(-) | コメント(0) |
ポケモンな彼のじゃんけん運の弱さに同情しつつ、現実逃避のためにやってまいりました。
呼ばれて(もいないのにタライから)飛び出てじゃじゃじゃじゃーん、うなぎです。

現状は…敢えて言うまでもなく追い詰められてます。
ついこの間から私も(某先輩方につられて)演劇班と兼部しておりまして、そちらもなかなか煮詰まってきたのですが。はい。
只今絶賛班員募集中でございます。特に私は紅一点ゆえ女子が欲しくてたまりません。(宣伝)


まぁなんだかんだでその他趣味の話がしたくて書き始めた息抜き記事なんで、今日の活動報告は本日の当番な彼にお任せしましょう。
何を書こうとしたんだったかな…
ラッドの「ふたりごと」「最大公約数」は私も大好きです!とか、
サンホラ聴いてみようとは思ってるんですよねー暗い曲結構好きなのです、とか、
パフュームばっかり売れてるけど、同じ人のプロデュースしてるMEGも良いみたいですよーとか。

…。

あぁ。そうか。
「コンペイトウの踊り」っていう文字を見て、クラシックだと「ジムノペディ第一番」が大好きなんですねーってな話をしようと思ったんです。
ご存じない方もいるかしら、サティの作った曲です。もちろんお店の名前ではありません。
個人的にはジャンルで言うとクラシックよりジャズなどの方が好きなのですが(ちなみにこれは弟と共通の趣味なので時々貸し借りします*^◇^)、ジムノペディの旋律はそれにも通じるものがある気がするのです。
趣味で小説やら詩やら書きなぐってるような人間だからでしょうか、音の中に虚無感のようなものが見えるとすごく興奮するんです。昔は子供のおもちゃのオルゴールの音や短調の曲を聴くだけで泣いてしまった記憶があるのですが、どこで人生を間違えたのか…笑
特に好きな楽器の中だと、オルゴールの音やスチールドラムの音はシャボン玉のようにつついたら割れてしまいそうな脆さを孕んでいるし、ピアノやアコギやサックスも一見ポピュラーでしっかりしているように見えて、奥深い所にはそんな空洞を隠している気がしてなりません。

で、最近気づいたんですが、その感情を言葉で表そうとすると、根底に「時間の概念がない世界」への憧れがあるんですよね。

たとえばポケモンのカートリッジの中身。金銀版なんかは時計の電池の寿命が短かったような記憶がありますが、たしか私のプレイ中にぴったり止まってしまって。
その中の世界に時間は流れていないんだろうか、と考え始めるとどこか不気味で、同時に何か崇高な物を見るような気持ちになったことを覚えています。
だって夜になっても朝になっても、明日になっても明後日になっても、その主人公の中の時間はその日の昼のまま動くことが出来ないんですから。

結構口下手な私ですが、文章で語り始めたら止まらないので、一旦この辺りでストップしておきます。
あとウィキペディアなんかで「エリック・サティ」と検索すると彼の独創的なタイトルセンスの虜になること間違いないので検索しちゃだめです(←逆に検索したくなるセリフ)
もうこれタイトルだけである種の芸術ですよ。と思うのは個人的見解。


…こういったものに憧れるのは、余裕のない生活をしている今の自分の環境のせいなのかしら。
でも自分からこの環境を望んだわけだし、物凄い楽しいし。
現実逃避は終わりにします ∈(…;△;)∋
2008.05.29 21:39 | つぶやき | トラックバック(-) | コメント(0) |